副業

塾やセミナーの講師を副業に!自分の得意を活かして稼げる時代

家庭教師や塾の講師

「家庭教師や塾の講師は、本当に割りが良いバイトだ」と大学生が話していました。

家庭教師や塾の講師と聞くと、大学生のバイトというイメージが湧くでしょう。

しかし私は中学生の頃、近所に住んでいるおじさん(Yさんとしておきます)に英語を教えて貰っていました。

Yさんの自宅の2階の8畳くらいの部屋に長テーブルを置いて、私の学年は男女各4人、合計8人が週1回、教えて貰っていました。

中学1年生から中学3年生まで3学年を教えておられたので、合計で25人~30人くらいを教えておられたのではないかと思います。

Yさんは、当時は40代半ば~50歳くらいのおじさんでした。

中学生と高校生のお子さんがおられました。

外資系の製薬会社の社員で、上司や部下は外国人ばかリで、仕事中の会話は大半が英語だそうです。

塾の副業

サラリーマンの副業

考えてみれば、あの塾はサラリーマンだったYさんの副業だったのだなと、今更ながら気づきました。

学年によっては土曜日や日曜日に教えて貰っていましたが、何故か私の学年は平日の夜7時頃からでした。

塾に通う友だちは、みんな仲が良くて楽しかったです。

毎年、クリスマスには「みんな頑張っているから」とYさんからクリスマスプレゼントを貰い、みんなでケーキを食べたりもしました。

クリスマスプレゼントは毎年、ノートとペンケースなどの文房具でしたが…

夏休みにはYさんの塾に通うみんなで花火を見に行ったり、ボーリングに行ったりもしました。

学校の先生には話しにくい相談をYさんにしている子もいました。

厳しい体罰をする教師に、Yさんが抗議に行ってくれたこともあったけなあ~。

今は塾と言えば大手の進学塾へ通う子が大半ですが、その当時は全国規模の大きな塾と言えば公文式や浜学園くらいしかなくて、大手の進学塾はほとんどなかったのです。

当時は塾と言えば、口コミで評判の良い所へ行くという子が大半で、「私は田中さんの所で教えて貰っている」、「僕は坂口さんの所」という感じでした。

多くは教師を定年退職後に塾を開いた人ですが、私が通っていた塾はYさんが会社で仕事をしながら休日や夜に子供たちに英語を教えておられたのです。

その当時は、副業はあまり良いことのようには思われていなかったようで、Yさんに英語を習っているということはあまり公にはしないで欲しいと言われていました。

個人塾の収入

でも今は、副業を推奨している時代です。

ノー残業デーを設けている企業も多いので、このように夜に塾を開くということも可能でしょう。

大手の塾に勝てるかどうかという心配はあるかとは思いますが・・・

でも、個人の塾には、大手の塾にはない良さもたくさんあります。

地域の中や近所に自分のことを応援してくれる大人がいる、相談できる大人がいるというのは、子どもたちにとっては凄く良いことです。

当時の1か月の月謝(授業料)がどれくらいの金額だったのかは、残念ながら全く覚えていません。

今なら、週に1回で1か月5000円だと安い方かな?

仮に1人1か月5000円として25人で12万5000円と、けっこう良い収入ですね。

必要経費もそれほどかからないでしょう。

Yさんの場合はプリントを用意する、ということはほとんどなかったです。

Yさんが選んだ問題集や参考書と学校の教科書を使っていました。

子供好きが向いている?

子どもに教えることが好きでないと、なかなかできない副業かもしれません。

ヤンチャな子どもに手こずることもあるかもしれません。

しかし、会社で働いているだけでは得られない物もたくさんあるでしょう。

Yさんはクリスマスプレゼントを渡すときにいつも「今年もみんなから、いっぱい元気をもらえた。ありがとう」と言っていたのを、今でも覚えています。

中学生は一番パワーがあって成長する時期で、何をやるのも一生懸命な時期です。

Yさんは、そんな中学生から、パワーを貰っていたのかもしれませんね。

子どもたちに何かを教えるスキルを持っている人は、週に数回だけ自宅で塾を開くという副業も良いのではないでしょうか。

マンションの場合は、子どもたちが5人も10人も家に上がると階下への騒音の問題もあるだろうけど、一軒家なら大丈夫でしょう。

ただ、私たちも時々叱られましたが、Yさんの家の前に自転車を止めるときに綺麗に並べて駐輪するようにしないと近所から苦情が出ていたようです。

また、塾が終わった後に家の前で大きな声で喋ったりふざけ合ったりすると、「うるさい」と近所迷惑になることもあるでしょう。

そのあたりのマナーなどは、しっかりと指導する必要があります。

塾や家庭教師以外にも、自分のスキルを活かしてセミナーの講師などを副業にしている人もいます。

例えば、株をやっている人が株に関するセミナーを開いたり、趣味で絵を描いている人が絵画教室を開いたという例もあります。

最近は自分の得意なことを商品として売ることができる「ココナラ」というサイトもあり、恋愛相談とかダイエット相談、介護の悩み事相談などを副業としている人もおられます。

あなたにもきっと、自分のスキルを活かしてできることがあるのではないでしょうか?

おススメ無料副業
超優良ポイントサイトで毎月お小遣いのチャンス!
完全無料なのでリスク無しで安心です。
まずは、無料でできるポイントサイトが、どんな物なのかを紹介します。
こちらの記事を参考にしてください
↓↓↓
ポイントサイトで稼ぐ方法


-副業
-, ,

© 2021 カッチン.comの副業のススメ Powered by AFFINGER5