【おすすめのFX会社】初心者は取引を開始する前に確認!

スポンサードリンク

最近では働き方改革の影響で、残業が思ったようにできないようになり残業代を当てにできなくなったという人が多くなっています。

そのような人々は休日にアルバイトをして少しでもお金を稼ごうと考える人もいるのですが、その一方で投資を行うことで利益を出そうと考える人も少なくありません。

投資というと、株式やFXなどを思い浮かべるかもしれませんが中には投資は経済学の知識がないと出来ないのではないか、と思い始める前に諦めてしまうというケースが多いのが実情です。

確かに企業の動向やニュース、政治や経済情勢などで価値が変動するため経済的な知識も必要ですが、投資で大きく利益を出している人の中には決してこういった情報を細かく捉えている人ばかりではないのです。

ここでは、特に投資の中でも人気のあるFXの特徴について説明していきます。

FXとは

そもそもFXというのはForeign Exchangeのことであり、日本語では外国為替証拠金取引を差します。

これだけ見ると分かりにくいと思うかもしれませんが、簡単に言うと例えば日本円とアメリカドルのような異なる通貨の取引を行うことです。

外国通貨には交換レートというものが存在していて、常に変動しているそのレートの差額で利益を出すというのがFXの基本です。

単純に通貨を買うだけでなく、初めから売りで保有することも可能なのです。

例えば日本円とアメリカドルを例にしてみると1ドル80円で日本円を購入したとします。

1週間後に1ドルが100円になれば20円の儲けが出た、ということになるのです。

ただし、20円が単純に手元に入るというのではなく通貨を購入する際に通貨をいくつ購入したのかで利益も多くなったり少なくなったりします。

これとは反対に、1ドル100円で日本円を売り1週間後に80円に下がってしまったという場合には、今度は売りでポジションを保有しているわけですので価値が下がってしまっても20円の儲けを出せるのです。

このようにしてみると、FXは単純に価値が上がれば儲かり下がれば損になるというわけではないことが分かります。

つまり、買うか売るかという判断を正確にして取引を行わなければならず大量の通貨を購入して保有ポジションとは反対に価値が動いてしまうと大変な損害となる可能性もあるのです。

そのため、FXはギャンブルに近く運が重要だという人も多くいます。

実際、1日中ある通貨の価値が上昇を続けていて自身もそれに乗っかろうとそのポジションを買いで保有したものの、その瞬間に下がり始めて損をしてしまったという人も少なくないのです。

とは言え、大きく利益を出している人が多くいるのも見逃せない事実です。

FXをはじめる前に

初心者がFX取引をする際に最低限覚えておくべき事項には、どのようなものがあるのでしょうか。

いくつかありますが、まずは取引には手数料がかかるということです。

これをスプレッドと言いますが、簡単に言うと買値と売値の差額のことです。

購入時にポジションが変動していないにもかかわらず、収支を見てみるとなぜか赤字になっていると疑問に思う初心者は多いと言われています。

これは、スプレッドの影響で買値と売値の差額の結果生まれたもので、FXのコストだと考えてください。

現在ではFXを取り扱っている会社は多く存在します。

それぞれの会社では独自のツールやサービスを提供しています。

スプレッドも会社によって異なっていますので、できるだけ費用をかけずに取引を楽しみたいという人は、適当に口座を開設せずに事前にどれくらいのスプレッドなのかを確認することが大切です。

ただし、スプレッドの差額は比較的埋めやすいとも言われていますので、そこまで気にしている人は多くはないのが実情です。

次に挙げられるのは、通貨単位のことです。

上述の通り20円の利益が出た場合に購入通貨分を掛けて実際の収支となりますが、各会社で最低取引通貨単位が決まっています。

基本的には1,000単位か10,000単位となり、10,000単位となると購入金額が多く必要になる分大きく利益が出る可能性があります。

ここで注目しなければならないのが、レバレッジです。

レバレッジというのは、自身のお金で通貨を買うあるいは売ることでそれを頭金のようにしてお金を借りることで、自身のお金以上で取引ができる以上の通貨を保有することができるというものです。

FXでは最大で25倍のレバレッジをかけることができます。

そうなると、20円の利益が出た場合25倍のレバレッジをかけて取引をしていると500円もの利益に跳ね上がるというわけなのです。

レバレッジにはこのようなメリットが存在するのですが、反対にデメリットがあることも忘れてはなりません。

25倍の利益を出せる反面、それだけ損をしてしまう可能性もあるのです。

ただし、FXにはロスカットという赤字が膨らみ続けないようにある金額に達すると自動的に取引を終了する機能が働きますので、そこまで神経質になる必要はないと言われています。

保有できる通貨とは

実際にどのような通貨の取引ができるのでしょうか。

まずは日本円から説明します。

日本人であれば誰にも馴染みのある通貨ですが、それだけ日本の経済情勢をしっかり把握する必要があります。

なかにはローソク足という、通貨の変動を一目で分かるツールがあります。

その後どのように変動するかを捉えるにも効果的なものだと言われていますので、勉強をしてマスターするのも良いでしょう。

アメリカドルも多く取引が行われています。

日本円とつながりも強く政治や経済情勢にも関係がありますので、初心者でとにかく取引をしてみたいという人におすすめです。

この他にもスイスフラや南アフリカランド、カナダドルなど、そこまで人によっては馴染みの薄い通貨もありますので、自分がどの通貨で利益を出しやすいのかを把握することも大切です。

おすすめのFX会社と取引の流れ

上述のような項目を意識した上で、いざ取引を始めてみようと思ってもまず何をすれば良いのか分からないという人もいるのではないでしょうか。

そこで、取引を始めるための流れを説明していきます。

何よりも最初に行わなければならないのは、口座開設です。

先にも述べた通り、多くの会社がありますがおすすめのFXがいくつかあります。

まずは外為どっとコムです。

スプレッドの狭さもそうですが、様々なニュースを入手できるため特に初心者向けだと言われています。

次に紹介するのはYJFX!です。

ここの魅力はスプレッドの狭さももちろんですが、何と言ってもスマホアプリで利用ができるということです。

見やすい画面構成でローソク足もしっかり導入されていますので、いつでもどこでも快適に取引ができることでも有名です。

また、【DMM FX】も人気の会社です。

サポート体制が充実しており、分からないことにはLINEで相談に乗ってくれますので、すぐに疑問を解決することができます。

ただし、10,000通貨からの取引にしか対応していませんので、ある程度経験を積んでから利用をするというのも悪くはないでしょう。

後から会社を変更するのが、めんどくさい人は【DMM FX】の登録がおすすめです。

【DMM FX公式サイト】



いずれの会社を選んだとしても、開設をする際の手続きは大きくは異なりません。

各会社の口座開設ページにて、氏名や住所などを入力し本人確認書類やマイナンバーを提出します。

提出といっても最近ではオンライン上でアップロードすればすぐに確認も行われますので、郵送よりも早くておすすめです。

それから審査が行われるのですが、これは会社によってかかる時間が異なりますので注意しましょう。

これに通貨するとログインIDやパスワードが郵送されますので、入金をしていよいよ取引が始められます。

口座開設は無料が多いため、一つではなくいくつか開設をして自身の使いやすいところをメインにすると良いでしょう。



【管理人がおススメする無料副業サイト】

最新の無料副業について紹介されています。

ブログ記事になっている為、登録する必要はありません。

専門的な知識も必要ないので、主婦やサラリーマン、副業初心者におススメです。

→【FXを利用した、ほったらかし副業】

ブログで稼ぎたい人は、A8ネットがおススメです。

ブログとアフィリエイトの登録が無料なので、初期投資なしで副業が行えます。

【A8ネット公式サイト】



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です