FX

FXで投資を始める人へ! 素人が取引できるようになるまで解説

スポンサードリンク

投資を始める人は、FXがおススメ

貯金が増えてきたので、資産運用をしたい、でも何から手を付けて良いかわからない・・・

そんな方にはFXがおススメです。

FXは小額の資金から始めることができ、投資対象も他の投資に比べて少ないです。

さらに、資金がマイナスにならないように強制的に取引を終了してくれるシステム(ロスカット)もあるので、投資初心者にはとてもわかりやすく、取り組みやすいものだといえます。

今回の記事では、そんなFXの基本から実際の始め方まで、分かりやすく紹介します。

すでに取引をしている人は、こちらの記事も参考にしてください。

FXで勝つ方法!最安値更新中のトルコリラで実践中

そもそもFXとは何か

FXとは「Foreign Exchange」の略で、「外国為替証拠金取引」とも呼ばれます。

例えば、よくニュースなどで1ドル○○円と耳にしたことがあると思います。

1ドル100円の時にドルを買い、その後価格が変動して1ドル110円に上がったとすれば、そこに10円の差が生じます。

このタイミングでドルを売って円を買い戻せば、10円の利益を得たということになります。

このように、2つの異なる通貨を売買して、価格が変動した時の利益を狙う取引のことをFXといいます。

高金利で人気のトルコリラの運用方法です。

実際に取引ができるまでの流れ

では、これからFXを始めるとして、いったい何からすればよいのでしょうか?

実際に取引ができるようになるまでの流れを説明していきます。

まずは、FX会社に口座開設を申し込んで、取引を行う口座を作るところから始まります。

「FX会社」と検索すると、10社以上あるFX会社を比較したサイトが何件か出てきます。

スワップポイントやスプレッドなど、初心者の方にはわからない単語がいろいろ出てくるとは思いますが、基本的にはその比較サイトに出てくる会社ならばどの会社を選んでも問題ありません。

ですが、個人的にオススメしたいのは、デモトレードがあり、1000通貨から取引できるFX会社です。

デモトレードとは自分の資金は一切使わずに、FX会社が提供する取引ツールや、実際の取引の流れを体験できる、初心者にとってはとてもありがたいツールのことです。

1000通貨から取引できるFX会社とは、簡単に言うと小額から取引ができるFX会社のことです。

FX会社の中には10000通貨からしか取引が行えない所もあり、具体的に金額で言うと、最低5万円以上は口座に入金されてないといけません。

資金の増減も初心者にとっては大きいので、初心者の方はぜひ、この2つの条件を満たしているFX会社を選ぶと良いでしょう。

口座開設の際には、氏名や生年月日などの必要な項目を入力したり、身分証明となる書類をアップロードする必要があります。

どれも簡単な項目ばかりなので、10分程度で申し込みできます。

運転免許証などは外出先でも持っていることが多いので、どこにいてもスマートフォンで申し込むことができます。

申し込みが終わってから3日前後ほどで、FX会社から書留で通知が届きます。

その中にIDとパスワードが記されている書類があるので、FX会社のホームページや取引ツールにその2つを入力し、マイページへ行きます。

最後に、開設した口座に入金をすれば、無事取引ができるようになります。

ここまで見ていただいた通り、申し込みから実際に取引ができるようになるまで1週間もかかりません。

FXは、誰でも簡単に始められる投資だということが分かります。

初心者におススメしたい取引の基本

ここからは、実際に口座を開設してみたけど、そこからどう取引すれば良いのかわからない、またはデモトレードをやってみたけどよく分からなかったという方向けに、簡単な取引の基本をいくつか紹介します。

どの投資スタイルの方でも当たり前のように行っている基本中の基本ですので、ぜひ覚えていただければと思います。

チャートを見てトレードする

チャートとは、過去、そして現在の相場の動きを表したグラフのことです。

FX会社のホームページや取引ツールには、ほぼ必ず搭載されています。

多くの人は、このチャートを見ながら取引していくことになります。

チャートの右端に行くと、現在の値動きが表示され、グラフが形成されていっているのがわかります。

ここから値がどう動くのかを予想し、取引を行っていくのが基本となります。

チャートにはローソク足やテクニカル分析など、学ぶことが多いのでここでは割愛しますが、今回は単純に、取引で「買い」を選んでグラフが上に伸びたら利益、「売り」を選んでグラフが下に伸びたら利益とだけ覚えてもらえば問題ないです。

グラフが逆に動いた場合は損失となります。

流動性の高い通貨を選ぶ

投資対象として2つの通貨を選ぶのですが、この時に大事なのは流動性の高い通貨を選ぶことです。

例えば、米ドルなどはみんな取引しているので安定感があり、急に取引できなくなるなんてことも非常に起きにくいです。

逆にトルコリラなどの流動性の低い通貨は、ちょっとしたことで相場が荒れたり、取引できなくなることもあります。

よって、米ドルや日本円、ユーロなどのメジャーな通貨を選ぶと良いでしょう。

ロスカットに注意する

顧客の損失が一定以上になった時に、FX会社が強制的に取引を終了させるロスカットという仕組みがありますが、このロスカットを発生させないようにすることが大事です。

確かに、大きな損失が出ないようにするという点では優秀なシステムですが、まだ顧客の口座預金(証拠金)が十分残っているのに、取引が終了させられることもあります。

ロスカットが発生させられると、自分が思うような取引ができなくなりますので、ロスカットには注意が必要です。

ロスカットが起きないようにするためには、証拠金維持率という数字をみると良いでしょう。

どのFX会社の取引ツールにも、分かりやすい所に表示されています。

FX会社によって差はありますが、大体50%~100%を下回った時にロスカットが発生するように設定されています。

なので、ロスカット発生の数値+20%辺りを維持できるように証拠金を足したり、取引量を調整するようにしましょう。

まとめ

FXは、投資初心者によって非常に分かりやすく、資金管理さえきちんと行っていれば、リスクもほとんどない投資と言えます。

短期売買や長期保有など、いろいろな投資スタイルを選択できる自由度の高さも魅力的です。

この記事を参考に、FXで自分の資産を運用されてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク



【管理人がおススメする無料副業サイト】

最新の無料副業について紹介されています。

ブログ記事になっている為、登録する必要はありません。

専門的な知識も必要ないので、主婦やサラリーマン、副業初心者におススメです。

→【FXを利用した、ほったらかし副業】

ブログで稼ぎたい人は、A8ネットがおススメです。

ブログとアフィリエイトの登録が無料なので、初期投資なしで副業が行えます。

【A8ネット公式サイト】



Follow me!

-FX
-, ,

PAGE TOP

© 2020 カッチン.comの副業のススメ Powered by AFFINGER5