30代サラリーマンのオークションでの副業の方法と結果

スポンサードリンク

30代サラリーマンの副業

私は30代会社員です。家族は妻、子供2人です。

ひと月の休日は約8日で朝9時から夜は19時過ぎまでは会社での仕事です。

月1万円位を目標にして副業を始め、主にヤフーオークションを使用して出品しています。

始めは自宅の整理をして、不用品を集め出品しました。

主に自分の昔の趣味で購入した楽器、アウトドア用品、服飾品、子供の使用しなくなった玩具、子供服、記念品などの食器類です。

今では、スマホで全て完結できるので、オークションはサラリーマンにとって最高の副業の一つです。

楽器のオークッション

1番オークションでウォッチや入札の反応が良いものがダントツで楽器でした。

中古楽器店のサイトの在庫リストからおおよその相場を調べて、相場より3割程度安く設定する様にしていました。

実物を見ずに購入ということになるので、楽器というデリケートな商品なこともあり、落札者も不安があり質問も楽器に関してはかなりシビアに質問してきます。

オークションで楽器を購入する方は自分で直して使うという方も結構いる様で、到着した商品をくまなくチェックされ、指摘を受けた事もあります。

楽器を出品する際は傷や不具合箇所はチェックして記載しないと後でクレームに繋がります。

そのような事から楽器を継続的に販売するには、ある程度の知識が必要となります。

子供服と玩具の販売

次に子供服は中古は敬遠されそうで、あまり売れないと思ったのですが、意外と売れました。

恐らく子供の成長に合わせて服を購入すると半年おき位でサイズが大きくなってしまうので、なるべく安く買いたいという事だと思います。

ただしハイブランドまで行かなくても、ある程度名前の知られているブランドの物でないとあまり売れませんでした。

GAPとか、Miki HOUSEとかですね。

名前のよくわからないメーカーの子供服は、まとめ売りしかほぼ売れないと思います。

そして、全く売れなかった物が子供の昔の玩具です。

10個位を出品して1年以上1個も売れませんでした。

主にヌイグルミやノート型なおもちゃのピアノとかです。

始めの1年は目標には届きませんでしたが、主に不用品の出品で年間7万円位にはなりました。

ちなみに子供の服や玩具は、メルカリの方が売れるので、オークションと並行して販売する方が効率が良いです。

スポンサードリンク

セドリでのオークッション

その後、不用品で明らかに売れないものは処分し、今度はセドリという方法を始めました。

リサイクルショップや古本屋で中古品を購入して、ヤフーオークションで販売するという方法ですが、中古本はかなり難しいです。

ハードカバーの人気上位をチェックして古本屋に行き、見つかったとしてもやはり新しく人気なので新品の7割、8割で売られています。

送料を考えると落札者は新品よりも高い金額で購入することになってしまいます。

なので古本でセドリをするのであれば、人気の本ではなく、マニアックなハードカバーで、定価のなるべく高い古本を選びます。

100円セールのワゴンなどに昭和発行の古い美術書や歴史書などが結構あります。

そういった古いハードカバーの本は定価が5000円以上する物が多く、欲しいという人は少ないですが、探してる人からは多少高くても欲しいという本がたまにあり、年間何冊かは売れています。

古い本なので状態にあまりこだわることはなく、古い本ですと記載すれば落札者もある程度わかってくれています。

その他には、リサイクルショップに多く置かれているもので食器類がありますが、普通の一般的な食器類はオークションではあまり売れないと思います。

やはりこちらも少しマニアックな物、定価が高くて安く手に入るもので送料を考えてあまり大きく無いものが良いです。

私がリサイクルショップでまず探す物が、ドイツなどで作られている陶器で出来たビアタンブラーです。

昔の物がほとんどで派手な装飾と物によっては蓋つきの物があり、非常に手の込んだ作りをしていますが、人気はあまり無いらしく安値で売られているのをよく見ます。

作りも頑丈そうなので発送時のトラブルも今のところありません。

ネットでのオークションは世界中の大人数の方が色々な物を求めて検索をするので、自分の常識でこの商品は売れないと決めつけてしまうのはもったいないです。

私は最近は少し出品数は減らしていますが、古本と食器類、民芸品などの出品で数年前には最高月で3万円位にはなりました。

ちなみに商品の適正価格を知りたい場合は、こちらのオークファンを利用する事がおススメです。

【オークファン公式サイト】

まとめ

セドリで重要な事は、多少需要が少なくても仕入れ値をなるべく抑えて本来価値があるけど、安く手に入るものを常に探す事だと思います。

確かに落札される頻度は少ないとは思いますが、薄利多売よりも1年スパンで考えるなら、おそらく利益は上がります。

薄利多売にして出品数を増やし、毎週5.6件例えば落札されたとして、週に1日か2日しか休みのないサラリーマンにとっては毎週末休みの日に発送作業をするのはかなりの手間です。

梱包をして、宛名を書いて、配送会社に持ち込みをする手間はかなりの負担だと思います。

今私は月に2.3個落札されれば良いかな、というくらいの頻度でしかオークションに出品していませんので年間で3万円前後です。

オークションでのセドリは大きく稼ぎたい方の副業としては向いていないと思います。

不用品を売るのではなく、リサイクルショップなどで仕入れをして利益を出すために売るという事になると、年間20万円の利益が出ると確定申告が必要になります。

スポンサードリンク


【管理人がおススメする無料副業サイト】
最新の無料副業について紹介されています。
ブログ記事になっている為、登録する必要はありません。
専門的な知識も必要ないので、主婦やサラリーマン、副業初心者におススメです。
→【FXを利用した、ほったらかし副業】

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です