メルカリやAmazonの販売で古物商許可証は必要か?兵庫県の警察署で聞きました。

スポンサードリンク

これまでメルカリやAmazonで無在庫転売を実践してきましたが、実は古物商許可証を持っていませんでした。

しかし、最近になり収入も増えてきてサラリーマンの転売レベルではなくなってきたので、心配になりインターネットで古物商許可証について調べまくりました。

 

どの程度なら、許可を取る必要があるのか?

 

古物商

 

そこで厄介だったのは、「市町村の警察署によって考え方が違う」という事がわかったのです。

 

なぜそのようなことが起きるかというと、法律の解読によって必要か不必要どちらでも考えられる部分があるからです。

 

知れば知るほど難しくなってきたので、諦めようと思ったのですが、罰則についても一応調べてみました。

 

古物営業法に違反した場合には、いろいろな罰則があるのですが、その中で私が一番気になったのが「無許可営業」です。

 

罰則内容が「3年以下の懲役または100万円以下の罰金」となっています。

 

なかなか厳しい罰則です。

 

私が行っている売買は「無許可営業になるのでは」と、どんどん心配になってきました。

 

 

ちなみに私が今まで実践してきた無在庫転売の記事です。

 

少し古い記事になりますが、基本的なことに変わりはないでの、まだまだ利用できると思います。

 

現在、主婦などに大人気のメルカリとAmazonでの無在庫転売です。

 

Amazon無料レビューの転売方法!アカウントを守る事が重要課題!

 

→【メルカリで無在庫転売を行う方法】

 

本題に戻りますが、古物商許可証がなぜ必要か知っていますか?

 

それは、盗品などを取り締まることが、そもそもの目的なんです。

 

かなり簡潔に伝えていますが、それが目的です。

 

そのため、定期的に家に警察が調査に来ることもあるようです。

 

そのあたりは、警察署に行って聞いた内容をお伝えします。

 

結論から言うと、兵庫県のある市町村では「古物商許可証は必要ない」ということです。

 

実際に警察署に行って確認すると「ネットで販売していますか?それは、Amazonとかメルカリですか?」と聞かれました。

 

「あとはヤフオクとか楽天です」と伝えると

 

「ネット販売は基本的に自社サイトではない限り古物商許可証は必要ありません。その理由として、Amazonやメルカリなどが盗品や偽物等のチェックを多少なりとも行っているでしょ」という事でした。

 

確かにメルカリ規約違反をするとアカウントが削除されますし、誰が何を売ったかは記録に残るようになっていますが、警察が取り締まりを企業任せにして良いのかと少し疑問を抱きました。

 

他には「本来なら必要ありませんが、心配なら申請しても良いですね。数万円払うだけで取得できるし半永久的な許可書になるので」と言われました。

 

ついでに家に警察が来るのか確認したのですが「個人でのAmazonやメルカリで販売ぐらいの内容なら、そもそも必要ないので」と曖昧な返答でしたが、ニュアンス的に来る事は無さそうな表現でした。

しかし「車の販売の許可を申請している場合は調査に行くことが多いですね。実際に車を置けるスペースがあるのか確認も必要なんで」という事でした。

 

実際、車屋さんに確認すると「近くで車本体や車の部品の盗難があった場合に来たことがあったな」と言ってました。

 

あとは、「許可を取っている人の店をすべて回ることは物理的に不可能」とも言われていました。

 

念のために伝えておきますが、これは兵庫県のある市町村です。

 

なので、自分の住んでいる警察署に確認することは必要です。

 

ちなみに古物商許可証は13品目の選べるのですが、不必要なものにチェックをすると許可の取り消しをされる可能性があるようです。

 

なので、私のようなレベルの売買であれば「道具類」にチェックして、後から変更などを行えば良いと言われました。

 

「道具類」は、その他や突起して販売している物が無い時に選んでくださいと説明されました。

 

また、上記で説明したように「自動車」など、特殊な物にチェックすると審査の対象となるので注意が必要です。

 

警察署に行った感想ですが、「そもそもいらない」とか「変更も後から出で良い」とか、あまり厳しい感じではなかったです。

 

確かにメルカリやAmazon等で古物商許可証を取っていないので、何か罰則を受けたという話は聞きません。

 

ただ、取得も簡単なので心配な方は取得することをお勧めします。

 

スポンサードリンク

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です