10月より開始されたニコニコ生放送のクリエイター奨励プログラムは副業になりえるのか

スポンサードリンク

現在男子小学生の将来なりたい職業ランキングにもその名を輝かせている動画投稿者という職業。

近年ではユーチューバーなどの存在が大きく世間で取り上げられ、その収入額はトップクラスともなると数億円も稼ぐというのだからとんでもない。

またYOUTUBEに限らず現在は多くの動画投稿サイトが存在しており、どのサイトも同じように投稿者側が利益を受け取れるようなシステムが存在している。

さて、日本において有名な動画投稿サイトと言えば「ニコニコ動画」がまず第一に挙がるかと思う。

こちらのサイトも勿論動画投稿をし、その再生数に応じて報酬が受け取れる「クリエイター奨励プログラム」というシステムが存在し、これについてもすでに多くの人間がその実態や、どれくらいかせげるかの検証を行っている。

しかし、このシステムはニコニコ動画の看板システムでもあるニコニコ生放送については適応外であった。

適応外というと御幣が生じるのだが、一部の方法を除いて生放送そのものが閲覧者に応じて報酬が受け取れるというものではなかったのだ。(チャンネルを開設すれば有料配信を行え、その何割かを報酬として受け取れるのだが、なかなか一般人は容易にチャンネルを開設することは叶わない)

しかし、今年の10月にこれらニコニコ生放送においてもクリエイター奨励プログラムが適応されるようになったのだ!

これでその他の動画投稿サイトと同じようにニコニコ動画においても生放送を用いて副業をすることが可能になったのではないか!そう思った私は実際に生放送活動を行い、どの程度の収益が見込めるのかを確かめてみることにした。

そもそもクリエイター奨励プログラムというものは、親作品と子作品という概念が存在する。

親作品というものはその動画がオリジナルであるというものである。

例えていうならば作曲したものをアップした動画などが該当する。

自分自身がオリジナルの存在だ。

対して子作品というものは、それらの動画を用いて二次利用などをした作品の事を言う。

例えていうならば「歌ってみた」や「踊ってみた」などが該当する。

親作品の場合はクリエイター奨励プログラムに登録する際に親作品である事を表明するだけで済むが、子作品を投稿する場合は元となるオリジナルの方の動画をコンテンツツリーというものに登録しなくてはならない。

親作品を投稿し、その動画が元で子作品がつくられた場合はその子作品のポイントに応じて親作品にもポイントが付加される。

さて生放送の場合はどうなるか。

こちらも同じように放送を作成する前。

もしくは放送終了後に同じようにクリエイター奨励プログラムに登録することになる。

ゲーム実況動画などを放送した際には、親作品としてニコニコモンズからそのゲームの利用宣言を親登録しなくてはならない。

つまり自分は子作品となるわけだ。

今回は私はそうした子作品としてではなく、親作品として実際に登録をしてみて、そのポイントの付与額をしらべてみた。

放送は先月の10月に行ったもので、来場者数500人程度、コメント数500程度、またニコニコ広告1000ptの生放送一本をクリエイター奨励プログラムに登録してみた。

結果からいうと11月上旬に確認したところ、ポイントの付与額は892ポイントとなっていた。(1pt=1円)放送時間は4時間とちょっとだったので時給にすると200円ちょい、といったところだろうか。

うーーーん、微妙である。

もちろん来場者やコメント数が少ないのも勿論だが、生放送と普通の動画投稿において決定的に違う点がある。

生放送はたいていの人が、その瞬間の再生のみを見るが(タイムシフトという録画機能は存在するが・・・熱烈なファンでもない限りあまり閲覧しないだろう)普通の動画投稿は一度世に放てば、なんらかの理由で削除されない限りは永遠に人の目に触れることができ、また閲覧される可能性もあるということである。

つまり生放送でお金を稼ぐためには、いかにしてその瞬間に来場者を増やし、コメントや広告を頂けるような放送づくりをしなくてはならないということだ。

これはもはやテレビ局でいう視聴率をなんとしてでも上げるための努力となんらかわりない。

また、どの動画投稿サイトでもそうだが、そこそこ人気が出てくるまでは数年以上かかることもざらである。

つまり、ニコニコ生放送だけで副職にするのは大変困難なことではないか?と思われる。

一方で工夫次第では収益をさらに増幅されることも可能ではある。

ニコニコ生放送と動画投稿を両立して行うことだ。

投稿動画内で生放送を宣伝、あるいは生放送内で動画を宣伝するのだ。こうすることによって相乗効果が得られることになる。

なにはともあれ、動画投稿などを通じて収入を得るのは一筋縄ではいかない。

それはどの投稿サイトでも同じことだ。

ただしどうしても副職としてこれらの方法を使いたいと考えているならば、

今すぐに行動するべきである。

動画の投稿や生放送に必要な機材は意外とそれほどかからないことが多い。

正直スマホ一つでも出来てしまう時代なのだから、思い立ったらまず行動してみるのがよいかもしれない。

 

最後にもう一つだけ副業を紹介します。

これは、俗にいうポイントサイトですが、無料で登録できるので初心者の副業の入口とも言われています。

仮想通貨に交換できることも可能になっていますので、ぜひ一度確認してください。

→無料で継続して稼げる副業

 

スポンサードリンク

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です