社会保険に入れてもらえないので副業しています。税金を考えての副業

スポンサードリンク

現在、メインで働いている会社は小さい会社です。

パートで扶養範囲内で働いているのですが、人手不足なので出勤が多くなり扶養範囲を超えてしまっています。

ですが、小さい会社なので社会保険に加入させるとなると会社の負担も発生するため、どうにか調整して130万を超えないように、もしくは130万を超えてもそれが一時的なものであれば社会保険に加入させなくてもいいので会社としては社会保険の加入なしで働いてほしいということでした。

その頃、子供たちが通っていた幼稚園から補助員として働いて欲しいというお誘いがありました。

メインの職場で働ける枠があるのに扶養範囲というしがらみのために働けないのであれば、幼稚園のお仕事を増やして扶養を外れようと思い、掛け持ちすることにしました。

このことは、メインの会社の社長にも伝えました。

働きたいし働ける余裕もある、会社としても働いて欲しいのに社会保険に入れないということなら、国民健康保険、国民年金を支払って扶養を外れることにすること、でもメインの仕事だけだと収入がマイナスになるので、掛け持ちすることになる、でもそれは会社として社会保険は無理と言われたので仕方がないから許可するというお話をしました。

もともと、メインの会社は副業禁止ではなく、シフトに影響しなければOKでしたので、話はとてもスムーズで社長も了解してくれました。

ただ、国民健康保険、国民年金の金額が高いので、副業の方のシフトで帳尻合わせをしないと扶養範囲内で働いていた時よりも手取り額がマイナスになってしまう可能性もあるので、結構大変です。

少しでも収入を増やしたいなら仕事を増やすしかないですが、それが副業でとなると、メインの仕事に迷惑がかからないようにやるしかないので融通がきく仕事でないと続きません。

幸いにも幼稚園の仕事は、クラスの担任とは違い、補助の仕事なので、子供が体調不良の時などは、少しの時間抜けても大丈夫だったり急にお休みになったとしても何とかなります。

一緒に働いている先生方には迷惑をかけることになりますが、私が一人いなくても職員の先生達で基本的に回るようになっているので、大丈夫です。

そこはとても助かっています。

もちろん、副業としている幼稚園には、私の働き方はメインがあって、幼稚園の仕事は副業であることは伝えています。

それでもいい、時間がある時だけでいいからという条件だったので、シフトを決める時なども融通がつきやすいです。

今は、確定申告していますが、数年前までは副業を20万円以下に抑えていたので、市県民税の申告だけで済んでいたこともあります。

もし、副業が20万円以下で治まるなら、それくらいの収入でいいのなら、副業の収入は年間20万円以内に収めることをお勧めします。

メインの会社で年末調整、副業の会社では源泉徴収のみもらい確定申告なし、そうなると、自分で確定申告して、年末調整していない副業の分の税金をその時に一括して支払うことになります。

確定申告はパソコンが使えてネット環境がある人なら簡単にできますが、毎年のことですがやっぱり面倒です。

もし確定申告を自分でするタイプの方は、確定申告は自宅で必要書類を作成して郵送手続きするというのが一番簡単だと思います。

私の場合、パートの掛け持ちの副業なので、それほど大変ではないですが、正社員の方の場合は副業したいといってもなかなか時間もないと思います。

そういう方は、空いた時間に在宅でできる仕事を副業とするのがいいと思います。

メインの仕事+幼稚園の補助の仕事の掛け持ちですが、ほんのちょっとした時間にこなせるおこずかい稼ぎができるサイトを利用してコツコツ働くということもやっています。

最後にこのサイトを紹介します。

サイトを利用した仕事は、仕事場に行って働く仕事と比べるとものすごく安いです。データ1件3円、1記事100円というような感じが多いです。

なので、ものすごくたくさんの収入を得られる副業ではありませんが、何もしないでぼーっとしているなら自宅にいる少しの時間でも収入にできるのが良いと思うので、コツコツ続けています。

副業をされている方の中には無申告でやっているような方もいるようですが、私の知り合いはある時に無申告であったことがバレて、その年に支払っていない分の税金を徴収されたことがあります。

3年も前のものだったそうです。私の知り合いは3万円程の徴収ですみましたが、場合によっては高額な請求となる人もいるようです。

その時にそれなりの収入があるならいいですが、もし数年前の請求が来た時に収入が以前よりも少なかったら、支払うのも大変になります。

なので、副業してその金額が20万円以上になっているのなら、必ず申告すること、それが面倒なら副業を抑えること、そもそも副業禁止の会社なら、バレないようにできるのかどうかをきちんと考えることなど、きちんと把握しておくのがいいと思います。

最近では、マイナンバーの導入で銀行口座も紐づいて収入が公になるとも言われています。

脱税は違法ですが、節税は違法ではありません。

節税する事に力を入れて調べる事をおススメします。

収入を増やしたいための副業なのに、会社を首になったり、お金がない時に請求がきてしまうのでは、本末転倒です。気を付けましょう。

最後になりますが、「副業の入口」と言われる副業を紹介します。

こちらも記事にして内容を紹介していますので、ぜひ確認してください。

→「無料で10万円を稼ぐ方法」

 

 

スポンサードリンク

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です