登録制バイトとスポーツ推進委員でお小遣い稼ぎ

スポンサードリンク

今回は副業というより、現実的なバイトとあまり知られていないスポーツ促進委員について紹介します。

まずは、現実的なバイトについてですが、これは登録制のバイトを利用します

登録制のバイトの場合仕事の日程や内容などは登録しないとわかりません

そのためまずは登録をしておく事が大切です

登録制のバイトには長期のものと短期の案件があります

長期案件としては1ヶ月半年ぐらいのものでカードキャンペーン駅ビルなどものや夏休み限定のイベントなどがあります

しかしこれらは副業というよりも大学生や高校生などが、夏休み期間中だけバイトをしたいと言うケースや主婦の方で旦那の扶養控除内でのバイトをしたい人などお勧めの副業になります

その他に短期のバイトとしては1日OKといった内容のものです

ほとんどがイベント系になりますが、平日に週5回フルタイムで働いている人でも可能な日程の案件があります

イベント系の多くは平日の朝から夕方多いのですが短時間のセミナー受付などは平日の夕方からといものもあります

大学内でのセミナーや企業セミナーの受付あります

また土日祝に関しては土日祝に行なわれるイベントの受付誘導チケットもぎり販売アンケート集計も業務があります

ポジションによりますがスーツ案件とチノパン案件があり企業やプレス対応のものはスーツ案件になります

アクティブに動くようなものに関しては、チノパン案件になります

その他にはチラシのポスティングやハンディングの業務や入力や封入作業あっせん業務梱包作業発送業務通訳など様々な案件あります

現在多く見られるのはイベント系の中でもオリンピックパラリンピック関係のイベントになります

東京オリンピック・パラリンピック2020年の開催に伴い各地でイベントをしておりますが、イベントの補助業務などが多くあります

今後も増える事が予想されますので副業を考えている人は早めに登録をしておいて様々な業務に慣れておくと良いでしょう

案件は本当に数多くあるのでフリーターのように登録制バイトをメインとして収入を得ているわけでないのであれば、仕事の内容を選んでエントリーするのが良いと思います

真夏の炎天下や寒い冬に外で行なわれる駐車場の誘導やポスティング・ハンディングは意外と精神的にも体力的にも疲労を伴います

副業であればメインの本業支障が出て元も子もありません

イベント系バイトの拘束時間は1日といものが多いですが、探せば拘束時間が短い案件もあるので、自分の体力などと相談しながら仕事を選ぶべきです

自分の日頃の勤務に合わせた仕事と収入の選択が長く続けられるポイントです

時給は平均1,000円交通費が1,200円程度の支給になりますが、5時間未満の場合には交通費込みで5,000円に設定される事もあります

しかし登録先によって同じ現場であっても時給が違う事もある、数多くの会社に登録して条件の良い会社の仕事を選ぶことも、登録バイトの賢い利用方法です

また、最近では引越しなど現場系の人手不足で、肉体労働をメインとした登録会社も増えています。

もちろん時給は高めですが、一日で辞める人がほとんどです。

2つ目はスポーツ推進委員という仕事です

ご存知の方はあまり多くは無いと思いますがスポーツ基本法32条に基づき市町村が委託する非常勤職員の事です

基本的には市区町村におけるスポーツの推進のために様々な活動の調整連絡やスポーツに関する指導及び助言を行なう事に設置されているものになります

具体的な活動としては、市や区などのスポーツ推進課が行なうイベントの補助業務などがあります

地域によって人数や報酬も異なってきます

少ない地域ですと30名程度多い地域ですと200名程度と人数に幅があり、人数が少ない地域ほど活動に参加する日数は増えますが当然報酬も増えます

逆に人数が多い地域ほど活動に参加する日数は減り報酬も減ります

イベントとしては健康フェスタ・ウォーキングなどの地域イベント地域主催の大会小学生のドッチビー大会赤ちゃんダービーインディアカなどのニュースポーツ等あります

日頃行なっている地域活動というものがありそれに伴う大会運営というものがあります

インディアカミニバレーヘルスバレーダーツボッチャ・シッティングバレー・ブラインドサッカーというようにニュースポーツと言われる種目や障害者と一緒に出来る障害者スポーツなどを取り入れている地域もあり活動状況もバラバラです

その他には学校から依頼があり学校行事や指導への派遣といものも行っています

部活動に関しても一部の地域では外部指導員というシステムを取り入れている学校もあるようです

教員の部活動の指導への負担を減らす事や専門性の指導者を置くとい事が1つの目的となっています

まだあまり普及はしていないもののこうした取り組みが今後期待できるので、副業としては良い仕事になる事が予想されます

行政が行なっているものになりますので副業としては安心して行なえるものになるほか地域の人との交流も深まるというメリットもあります

地域によって金額が異なりますが人数が多い所では年間20,000円程度人数の少ない地域では年間100,000円程度と金額にも幅あります

募集は指導員が辞めたときなどがタイミングになりますので市区町村にたずねてみるか広報などに募集が出ている可能性もあるので気になれば調べてみるとよいでしょう

 

最後になりますが、私が以前作成した「10万円を効率よく稼ぐ方法」の記事を紹介させていただきます。

副業の入口とも言われている方法なので、ぜひ参考にしてください。

→「無料で10万円を稼ぐ方法」

スポンサードリンク

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です